食べない時のドッグフードの対応

多くの飼い主が悩む問題で、断トツに多いのは、やはり「愛犬がドッグフードを食べない」というトラブルです。
せっかくのドッグフードをお皿に用意しても、少し食べただけですぐにやめてしまうことがあります。
このように名場合、飼い主はどのように対応すればよいのでしょうか。

無理やり食べさせるべきなのでしょうか。
答えはノーです。
もしも愛犬がドッグフードを食べない場合、しばらくお皿を置いておいても関心を示さないようなら、片づけてしまえばOKです。

一日程度なら犬は食事がなくても身体に負担はありません。
お腹が空ければ自然と食べるようになるので、ドッグフードをいくつも交換したり、お皿を出しっぱなしにしたりなどは避けましょう。
また、食べない背景にはおやつの摂り過ぎの可能性もあります。

おやつの摂り過ぎは肥満になる可能性もありますし、場合によっては犬のわがままを、助長させることになりかねません。
仔犬時代に過剰におやつでかわいがろうとしたり、ドッグフードを何度も小分けに食べさせていると、その習慣が根付いてしまいます。
仔犬時代のしつけが成犬になっても大きく影響するので、しつけには十分意識しましょう。
また、あまりにも食事をとらず、ぐったりしている場合は、速やかに病院へ行きましょう