ドッグフードと人間のご飯の違いを分析

興味本位でドッグフードをかじったことがある方は、案外多いのではないでしょうか。
この場合、多くの人が口を揃えて、「味がないように感じる」とよく発言しています。
これは何を意味しているのでしょうか。

昔は日本の場合、愛犬に人間の食べた後の残飯をあげる家が一般的でした。
しかし広くドッグフードが流通するようになり、今では市販されているドッグフードを購入している人が多数でしょう。
本来私たち人間と、犬の食事は大きく異なります。

どのようにご飯の内容が異なっているのでしょうか。
本来人間とは異なり、犬は肉食を基本としています
そのためあまり穀物を消化できる体質ではありません。

また、水分も摂取し過ぎると、お腹を壊しやすいため、水分を多く含むような食事は好まない傾向にあります。
しかし、私たちの食事は水分を含むものも多いですし、ご飯やパンのように穀物も多く摂取します。
そしてこれら穀物の栄養価を必要としているのも事実です。

身体の作りが根本的に違っているので、必要なご飯も異なっています。
犬には犬に合った、美味しいフードを用意する必要があるのです。
穀物不使用の物や、安心のオーガニック製品も販売されているので、体質や年齢に合ったものを選んであげましょう。