好みとペットの種類視点のドッグフード

ドッグフードを選ぶことは、なぜか難しくとらえがちです。
その背景にはドッグフードの種類の多さがあります。
現在ホームセンターのような大型店を見に行くと、圧倒されるほどの数のドッグフードが並んでいますし、高給ペットショップや動物病院にも、数多くのオリジナルフードが並んでいます。

また、海外から輸入されているフードもあるので、どんなものを選ぶべきなのかわからなくなるのです。
そこで、基本的な選び方を忘れないようにしましょう。
犬は犬種によって、好みが異なります。

私たち人間も、住んでいる地域によって、消化しやすいものや消化にしにくいものがあります。
犬種も同じなのです。
選び方の目安として、犬のサイズと年齢があります。

犬種による食の差は、なかなか見分けにくいものですが、サイズと年齢は飼い主ならすぐにわかるものです。
そこで、仔犬は消化器官がまだ未発達ですし、噛む力もまだ弱いのです。
そんな仔犬に成犬用を無理に与えると、消化不良を起こしかねません

好みは食べ勧めていくうちに、自然とわかるようにもなるので、まずは飼い犬にきちんとあったものを選んであげましょう。
犬も加齢が進むと、食が細くなります。
それでも栄養がきちんととれるタイプに切り替えましょう。