ドッグフードの保存方法

ドッグフードを正しく保存している方は、調べてみると案外少ないものです。
愛犬のためのドッグフードなのに、きちんと管理できていないのではないでしょうか。
湿気の多いところにドッグフードを開封したままにおいておくと、あっという間に状態は悪くなってしまいます。

ドライタイプ、ウェットタイプなどが存在しますが、パッケージに掲載されている消費期限は、あくまでも未開封時の消費期限です。
これを忘れてしまうと、湿気てしまったフードを与えかねません。
どちらのタイプも開封したら、なるべく速やかに使い切ることを意識しましょう。

多頭飼いの方ですと、大型のサイズのフードがおススメですが、単頭での飼育の場合、大型サイズは使い切る前に消費期限を超えてしまう可能性もあります。
犬の飼育に合わせて使い切れるサイズの物をチョイスしましょう。
ドライタイプは湿気が厳禁ですので、開封後は密封できる容器に移す、厳重に封をするなど対策しましょう。

また、ウェットタイプは腐りやすいので、開封後使い切れない場合は冷蔵保存などを行い、なるべく早く使い切りましょう。酸化しやすいので放置は厳禁です。
大切な愛犬の食事ですから、きちんと保存を行い、衛生管理をしたものを与えるようにしましょう。